済南凌佳科技有限公司がCMMIレベル5の認証を取得
リリース時間:2013-11-04


   済南凌佳科技有限公司はアメリカSEIに授権された審査員Mria主任の評定により、CMMI ML5の認証を取得しました。済南凌佳科技有限公司は済南市におけるCMMI ML5認証を初めて取得したソフトウェアアウトソーシング企業であり、開発プロセス改善とプロジェクト管理領域では、業界最高なレベルに達したことを認定されました。

  済南凌佳科技有限公司は2002年7月に設立されてから、お客様が満足できるサービスを保証すると同時に、製品品質の向上を努めています。ISO9001(2005年)、CMMI ML3(2008年)、ISO27001(2009年)、CMMI ML4(2010年)、CMMI ML5(2013年)等資質認定を取得しました。2006年に社内では、品質保証部を設立し、会社全体の品質保証プロセスは更に日常的で専門的なものになりました。

   蔡立CEOは「ソフトウェア企業として、ソフトウェアプロセス管理を確実に実施しない限り、品質の高い製品の生産もできず、国際市場における競争力を備えることもできません」と語ったことがあります。そのため、済南凌佳科技有限公司はCMMIモデルを積極的に導入し、それに基づき、プロジェクトの定量管理と品質コントロールの予測作業を実施し、納品の品質とお客様の満足度を大幅に向上させました。済南市ソフトウェアアウトソーソシング業界の先導者として、済南凌佳科技有限公司はソフトウェア開発プロジェクトのソフトウェアライフサイクルの品質コントロールを実現しました。

   CMMI体系の実施は、済南凌佳科技有限公司のプロジェクト管理、ソフトウェア開発、人材素質、製品品質及びサービスレベル等を全般的に向上させる有力なサポートになります。これからも、済南凌佳科技有限公司は継続的にCMMI理論に基づき、“信頼、安心、全身全力”を経営理念として、開発プロセス改善を行い、お客様に高い製品品質及び高いサービスレベルを提供します。科学技術でもっと多くの人を幸せにし、これからも努力し続けています。


Copyright (c) 2017 , Japan Ryouka System Co.,Ltd. All rights reserved.