祝 済南凌佳科技有限公司CEO兼社長蔡立氏が2012年国家電子情報産業優秀企業家に受賞
リリース時間:2012-12-03


   先日、中国電子企業協会により、「国家電子情報産業優秀企業家」コンテストが開催されました。コンテスト受賞者のリストが全国に公表され、凌佳科技グループCEO兼社長蔡立氏が「2012年国家電子情報産業優秀企業家」を受賞しました。このコンテストは中央、国務院、産業及び情報技術省によって、鑑定、評価、表彰を通し、行われた活動です。目的は企業家精神を推進し、中国の経済と社会の発展に顕著な貢献をしてきた企業家を表彰することです。

   2002年から、蔡立社長の指導のもと、済南凌佳科技有限公司、株式会社日本凌佳システム、株式会社グローパルソーシング、北京凌佳先端科技有限公司、済南凌佳軟件外包培訓学校、江西凌佳科技有限公司、済南智庫信息技術有限公司、南昌凌立科技有限公司を次々と創立しました。そして、2013年1月に青島凌佳科技股?有限公司創立する予定です。凌佳科技グループは中、日の2つの国の5大都市を跨ぎ、科学研究、設計、開発、人材の交流、人材の育成訓練などの多数の業界に進出し、一歩一歩多角経営化へと向かっています。

   凌佳科技グループは蔡立社長の指導のもとで、2008年から国内のSI関連事業を拡大しました。凌佳科技グループは日立グループの中国における重要なパートナーとして、中国国内唯一の日立指静脈生体認証技術開発センターを設立しました。そして、世界中最先端な製品を導入して、RFIDチップ、指静脈認証システム、指静脈商品などの中国市場への応用のバージョンアップを行いました。また、中国国内の状況に合わせ、中国国内市場向けの凌佳指静脈認証スマート端末、凌佳指静脈一体機、凌佳指静脈セキュリティーモジュ−ル、凌佳指静脈高速開発用パッケージなどの主要製品を含め、自主的な知的財産所有権のあるシリーズ製品を開発しました。その中、2009年に「静脈勤怠管理システムv1.0」は第13回中国軟件博覧会“創新奨”受賞、2010年指静脉スマート端末は中国公安部安全・警用電子製品品質管理検査中心認証取得、2011年に指静脉スマート端末シリーズが中国特許取得、欧州CEマーク取得しました。それらの製品は既に刑務所、国家一人っ子政策推進部署、鉱山管理、炭鉱、情報セキュリティ、金融、教育、社会保障などの分野に応用されています。中国国内の農業情報化、生体識別領域で、著しい成果を得て、国家工信部と専門家などから幅広い範囲で認可を得ました。

   現在、凌佳科技グループは国内の指静脈技術の成功事例が最も多い企業であり、中国国内で最も優れた指静脈技術を提供しています。これまでの業績が評価され、今回蔡立社長は優秀企業家に選ばれました。今回の受賞で、凌佳科技グループは業界内で多くの優秀な企業や企業家と交流する機会が出来、互いに学び合い、長所を取り入れ短所を補っていきます。私達の製品と技術は、現在世界のトップレベルであり、私達の製品の普及と市場の開拓が、きっと多くの経済効果と社会的効果をもたらします。

関連メディア報道:http://www.sdetn.gov.cn/dzxxc/gggs/webinfo/2012/11/1353546422064360.htm

 

 


Copyright (c) 2017 , Japan Ryouka System Co.,Ltd. All rights reserved.