「世界トップ企業500」より南昌での物ネットワーク研発基地構築
リリース時間:2010-06-18


日立物ネットワーク及び新技術体験センタ除幕式が南昌で行われ、江西省委常委、南昌
市委書記余欣栄、洪礼和副省長が出席された。                                    


   6月18日、世界トップ企業500である日本日立グループ株式会社より設けられた中国初めての物ネットワーク研究開発基地――日立物ネットワーク及び新技術体験センタ開所式が南昌市ハイテク区で行われた。調査によると、今回は南昌市ハイテク区に進出した世界トップ企業500の第5社だそうである。江西省委常委、南昌市委書記余欣栄、洪礼和副省長が開所式に出席された。

    日本日立グループが物ネットワーク技術開発においては、世界的なリーディング企業であって、今回南昌市ハイテク区で開発基地を設立するのが江西省の人材優位の利用と物ネットワーク技術の開発•普及及び関連の高級IT人材の育成の促進のためである。また、南昌市を物ネットワーク産業及び日本向けのソフトウェアアウトソーシング人材育成基地の構築と南昌のアウトソーシングサービス企業、情報産業の発展への促進をも目的としている。

    それと同時に、日立グループが南昌市ハイテク区で新技術体験センタを設立して、最新の技術開発成果を展示するとのことである。当該センタが日立グループに所属する中国で唯一の最先端な技術展示センタとして、主な展示製品が世界最先進的な生物識別指静脈認証技術、多セットの物ネットワーク応用システム、世界最先進且つ最小なu-chipチップ等を含めている。


物ネットワークとは
    人々に多く知られている物ネットワークが一体どういうことであろうか。関連紹介によると、物ネットワークは、情報検出装置により、前もって設定したプロトコルに基づき、人と人、人と物、物と物、全面的な連続ネットワークとのことである。それは知的輸送、環境保護、政府行政、公共安全、グリーンホーム、工業検出、老人介護等多くの分野に用いられている。将来の「物ネットワーク」時代になると、ブリーフケースがホストに忘れ物ないと注意でき、服よりの洗濯機の色と水温に対しての要求提示ができ、運転手が無用な話をする時、車が上司を装って、「バカ、早く出発しろ」と怒鳴り出すことができるとのことである。


Copyright (c) 2017 , Japan Ryouka System Co.,Ltd. All rights reserved.