第一回南昌物ネットワーク技術国際シンポジウムの開催
リリース時間:2010-05-20



南昌市副市長曽光輝の総括演説                                     


凌佳グループ総裁蔡立会議での演説                                 


江西凌佳科技有限会社柯志文董事会議での演説                       


日立情報システムズ竹本本部長会議での演説                        


野村総研中島部長が会議での演説                                 

    5月20日午後、第一回南昌物ネットワーク技術国際シンポジウムが泰耐克(ナイキタイ)ホテルで開催された。20人余りの専門学者、企業家は政府、企業、学校の視点から、物ネットワークの発展現状などの課題について、詳しく検討し、意見を交流した。曽光輝副市長が出席された。

     物ネットワークが知的輸送、環境保護、政府行政、公共安全、グリーンホーム、食品のトレーサビリティ等極めて多くの分野に応用されている。日本有名な諮問機関の野村綜合研究所、株式会社日立情報システムズ及び江西凌佳科技有限公司の専門家が物ネットワーク産業化の企画、発展、応用方向及び産業アップグレードでの都市影響について、素晴らしい紹介演説を行った。関連紹介によると、物ネットワークがインダクタを電網、鉄道、橋、トンネル、ガス配管等に嵌入して、既存のインターネットと統合することにより、人間が更なる精密且つダイナミックな形で生産、生活を管理できるようなものである。

     関連ビデオリンク:http://www.ncnews.com.cn/nwsp/xw/t20100522_580347.htm


Copyright (c) 2017 , Japan Ryouka System Co.,Ltd. All rights reserved.