大連ソフトウェア交流会を出展成功
リリース時間:2009-06-18

     2009年6月18日、中国商務部などの6部門委員会より主催した「第七回中国国際ソフトウェア・情報サービス交易会」が大連で開催されました。 中国国際ソフトウェア・情報サービス交易会は中国国務院に認可された、中国で唯一となる国家レベルのソフトウェア交易会で、 設立してから業界の高度な認可と重視をされました。今回の交易会では、済南凌佳科技有限公司は、「対日オフショア開発」「SI」を軸とした総合ITサービス企業として活躍し、 業界の注目を引き付けました。

    開催中、凌佳は指静脈勤怠管理システム、幼児セキュリティソリューション、知能化図書館ソリューション、 次世代住民基本台帳カードソリューションなどを含めて、指静脈生物認証技術を基盤としてシリーズな製品とセキュリティソリューションを展示されます。製品が展示する次第、 多くの企業とメディアに注目されました。山東省委常務委員、副省長王軍民氏も凌佳展示ホールを見学し、指静脈生物認証技術を高く評価した上で、 会社に対しては更なるな発展を求めました。

    今回のソフトウェア交易会を通じて、済南凌佳は業界でのイメージを確立して、会社の知名度も昇格させました。これをきっかけにして、 済南凌佳は参会した企業とよい提携関係を結んで、今後会社業務開拓及び多分野での発展に良い土台を築き上げました。


Copyright (c) 2017 , Japan Ryouka System Co.,Ltd. All rights reserved.