凌佳グループ 2011第十回国際公共セキュリティ・防犯対策製品(済南)展示会に出展
リリース時間:2011-03-23


  2011年3月23日、山東省公安庁・済南市政府・済南市公安局主催 2011第十回国際公共セキュリティ・防犯対策製品(済南)展示会が済南舜耕国際会展センターにて開催された。本展は全国地方都市最大級、華東地方では最も影響力のあるセキュリティ・防犯対策製品を対象とした専門展示会と位置づけられ、国内外のセキュリティ製品メーカー480余社が出展。展示面積が18000uに達する会場には、全国の公安システム・セキュリティ工事・SI・セキュリティシステム代理・金融・電力・都市建設・交通道路・電気通信・不動産・スポーツ施設・警備保障・学校など各業種からの参観者が5万人以上も集まった。

   社会全体における安定性・安全の維持という角度から、セキュリティ・防犯技術及びその製品は「和諧社会」・「安全都市」の構築における重要性は日々上昇中である。新技術の開発・実用化を目指すベンチャー企業が多数創設し、山東省政府もこれらの企業の助成に力を注いでいる。当展示会はセキュリティ・防犯対策関連の新品種・新技術を広く周知し、新技術の速やかな普及を趣旨とし、大きな注目を集まっている。

   凌佳は本展示会において、今後一層の拡大が期待される市場を視野に入れながら、顧客毎に最適なソリューションを紹介する。特に、独自知的所有権を持つ指静脈認証技術の関連製品はセキュリティ業界の注目を浴びる。展示期間中2000枚以上の宣伝資料を配布、200余社からの問い合わせを受けた。中には、SI関係67社、セキュリティ工事会社33社、支柱産業会社11社、刑務所関係2社が指静脈技術の関連製品に特に興味を示した。

 
除幕式

 
 出展企業一覧

 
現場の一角

 
 凌佳の展示コーナー


Copyright (c) 2017 , Japan Ryouka System Co.,Ltd. All rights reserved.