済南凌佳科技有限公司が CMMIレベル3の認証を達成
リリース時間:2008-12-10

    2008年12月5日〜12月9日、主任評定者P.M.Shreefをはじめに評定グループが組織した正式な評定を通じて、済南凌佳科技有限公司(Jinan Ryouka Science & Technology Co., Ltd.)(http://www.ryouka.com.cn)は順調にSEIのCMMI v1.2成熟度レベル3評定を達成した。

    済南凌佳科技有限公司は日本大手IT企業で長年のシステム開発経験を持つ中国人留学生を中心に、2002年7月に設立した。日本の中国オフショア開発ニーズに応え成長を続けてきた会社です。2008年全世界の経済が不景気一方、済南凌佳は着実で、自分の努力を通して日本側の顧客の信頼と肯定を取得した。そして、省・市政府と斉魯ソフトパーク力いっぱい支援の下で、(株)日立情報 システムズ (http://www.hitachijoho.com)と連携して、日立情報(済南)開発センター、中日ITブリッジSEモデル基地「済南市凌佳軟件外包培訓学校」、「日立情報グループ高級IT人材とBSE育成基地」を創立した。それは済南凌佳がより一層対日開発作業を拡大でき、育成学校を通じて適任な高級IT人材を獲得することができることを意味している。

    済南凌佳の取引先は大体CMMIの各レベルの評定を達成していた、お客様のニーズに即応して、済南凌佳が成立最初からCMMIの基準よりソフトウェア開発を行っている。近年来、会社は高速的な発展や人員・プロジェクト規模の拡大を即応するために、会社の品質向上性及び管理レベルを強化して、中核的な競争力を向上するために、済南凌佳は2007年から全社範囲でSEI CMMI v1.2モデルのプロセス改善体系を設立・推進した、そして、CMMI成熟度のハイレベル評定を達成するよう頑張っている。その同時に、SEIが絶えずにCMMIモデルをアップグレード・改進することと結び付けて、会社はゆっくりと着実に推進する戦略を採取して、確実にプロセス改進を執行・実施した。

    一年余りのプロセス改進を続け、済南凌佳は謹厳で、標準的なソフトウェア研究開発・プロジェクト管理プロセスを作成して実施している。独立的な品質制御プロセスを設立・発展し、開発過程のライフサイクルに厳格な品質制御と定量管理を行った。詳細的なプロセスと品質のデータの収集を行い、大量のプロジェクトデータを積めて、各種の品質及びプロセス性能の基線とモデルも立てて、プロジェクトの可視化と追跡可能性を一層向上した。

    2008年12月実施したCMMI v1.2成熟度レベル3の正式評定で、主任評定者P.M.Shreef及び評定グループが済南凌佳のソフトウェアプロセス管理体系及び会社での実施状況に対して全面的、謹厳な審査を行った。数多くのインタビューを行って、300ほどのプラクティスに及んだ。評定の結果から見れば、今回の評定に及ばれたCMMI v1.2の各プロセスエリアはCMMIモデルの要求標準に達したと評定グループが一致に承認した。済南凌佳科技有限公司は内部の改進を通じて、適切にCMMI v1.2成熟度レベル3に達したと証明している。

    順調にCMMIレベル3の認証を達成したことは凌佳がずっと標準化管理やお客様に高品質のソフトウェア・サービスを提供する戦略を堅持することと離れられない。当社が顧客に提供したのはソフトウェア製品だけでなく、高品質のサービスである。CMMIレベル3認証を達成したのは凌佳がソフトウェア開発とサービス発展の重要な一里塚で、凌佳が発展し続き、顧客に高品質のソフトウェアとサービスを提供する新しい起点である。今後、済南凌佳は続けてCMMIレベル4の要求を実施し、プロセス改進の過程を続ける。2009年により高いソフトウェアプロセス成熟度の標準に達するように望んでいる。

    関連メディア報道1:http://www.qilusoft.org/news/newsinfo.asp?id=924

    関連メディア報道2:http://sas.sei.cmu.edu/pars/pars_detail.aspx?a=12071


Copyright (c) 2017 , Japan Ryouka System Co.,Ltd. All rights reserved.